本文へスキップ

KOFイベント、大会、攻略情報等 













Secret battle arena エントリーリスト

小路KOG(KOUJIKOG)

エントリーNo.1
プレイヤー名:小路KOG

主なKOF14タイトル
PreKVO KOF14 優勝
KSB2017 KOF14 3on3 準優勝
KSB2017 KOF14 優勝 など
マルチゲームトッププレイヤーとしても有名な小路KOGがTO3推薦枠トップバッターで登場!
主に投げキャラ使いとして有名な小路KOGだが細かいシステム面からの緻密な計算と唯一無二の独特な読みがこのKOFでも冴えわたりKOF参戦が初にもかかわらずこの1年で大きなタイトルを幾度となく獲得している関西の強豪プレイヤーだ。
バース、マチュア、ダイナソーのパイオニアでもあり大会では猛威を振るう印象だが豊富な知識量と独自の理論でこのTO3での活躍はもちろんどのキャラを選択するかにも注目したい!


SR

エントリーNo.2
プレイヤー名:SR

主なKOF14タイトル
KOF14 闘chカップ 第0回、第1回 優勝
KSB2017 KOF14 3on3 準優勝
Top Of 3mancell ~Battle Master project 2017~ ベスト4
KOF98UMを主戦場としていた生粋のKOFプレイヤー。SRの魅力と言えばなんといってもどんな場面からも生み出されるコンボの最適解!TO3BMPでもその力を発揮し職人気質のあるネルソンでの画面端限定発動コンボ等を難なく決めるなど大会でも冷静な立ち回りを武器にベスト4にまで登り詰めた実力派である。
ネルソン、ガンイルと言った中下の択が強烈なキャラクターを好みガード困難な連携から繰り出されるレパートリーの数々は職人を通り越し世間では”インチキ”とまで言われるほどのな攻めでTO3 SBAでもTOPを狙う!


ターキー(Turkey)

エントリーNo.3
プレイヤー名:ターキー

主なKOF14タイトル
Top Of 3mancell ~Battle Master project 2017~ 準優勝
KOF14に突如舞い降りた平成の若武者ターキー。KOF13を元々主戦場としており近畿でもトップレベルのクオリティでプレイしておりKOF14のタイトルこそ少ないもののTop Of 3mancell ~Battle Master project 2017~でも前評判からダークホースとして囁かれており大会唯一の帝王(ランクマッチ段位)としての力をいかんなく発揮し準優勝に輝いている。
KOF14トップレベルの強豪がひしめく中、本大会でもその若き力で戦場を駆け巡ること間違いないだろう!


K2

エントリーNo.4
プレイヤー名:K2

主なKOF14タイトル
Top Of 3mancell ~Battle Master project 2017~ ベスト4
数多居る中部の強豪の中でも一際目立つ長身ファイターがこの男K2である。イベントがあるごとに自身もコスプレ衣装を身に纏い観客を楽しませている事でも有名だがプレイヤーとしてもその実力は本物でTop Of 3mancell ~Battle Master project 2017~ではプロゲーマーあば男やぼんといった強豪を倒し勝ち上がってきた。
チーム全体で見た安定性のあるキャラクターを使いこなしバランスの良い試合展開を見る事が多いK2だがターキー戦では逆3タテ劇場も見せつけ粘り強さのあるプレイも持ち合わせている。
ここに来て使用キャラを増やしているという情報もあり、リーグでは何を使ってくるのかも注目ポイント!


777

エントリーNo.5
プレイヤー名:777

主なKOF14タイトル
Top Of 3mancell ~Battle Master project 2017~ 優勝
銀デブCUP 優勝
本大会のきっかけとなった81人エントリーしたオンライン大会Top Of 3mancell ~Battle Master project 2017~の頂点に立った男であり世界最高峰のキム・カッファン使いとしても名を馳せる古参プレイヤーがこの男777だ。
キムをこよなく愛し一貫してキムを使い続けたその技術はもはや芸術の域に達しているのではないかと噂だけで知られるほど華麗なコンボ精度と立ち回り技術を有しており、山口に身を置きながらも出れるオンライン大会では優勝経験が最も多いプレイヤーとなっている。
彼なら見せてくれるだろう…テコンドーの真髄を!


あば男(abao)

エントリーNo.6
プレイヤー名:あば男(KRone所属)

主なKOF14タイトル
台湾PASS DOWN 優勝
KVO Summer 2017 KOF14 2on2 優勝
元は中部の強豪として名を馳せていたが東京都心を中心に活動拠点を変更し力を着実に付けてきたKRone(クローネ)所属の社会人プロゲーマーあば男が推薦枠2人目としてSecret Battle Arenaに出陣を決めた!
緻密な研究と戦略からキャラクターの弱点を的確に突くハンティングスタイルは相手の不用意な動きを一切の”インチキ”を許さない太刀筋で日本だけではなく海外の大会でも好成績を収めている。
あば男のネームの由来であるノーモラルな「暴れ」をどこで通してくるかも注目ポイントだ!


あきら(AKIRA)

エントリーNo.7
プレイヤー名:あきら

主なKOF14タイトル
KSB2017 KOF14 3on3 準優勝
元はKOF02UMを土俵としており後にプロゲーマーとなるM'最大のライバルとして立ちはだかった広島を代表するプレイヤーあきら(左)がKOF14にて再度トッププレイヤー達の前に立ちはだかる!
人一倍早い展開でゲームを組み立て彼のゲームメイクに付いて来れないと瞬く間に土俵から振り落とされKOを持ってかれるKOF界のスピードスターである。
メンタル面での浮沈みが激しく絶好調であれば優勝も狙えるが絶不調であれば最下位もあり得る言ってしまえば”お調子者”であるため如何に自身のメンタルを維持できるかが勝利のカギとなるだろう!


スコア(Score)

エントリーNo.8
プレイヤー名:スコア

主なKOF14タイトル
KSB2017 KOF14 3on3 優勝
Top Of 3mancell ~拳皇神杯 2017~ 優勝
関西KOF界を牽引してきた首領的存在であるスコアが己が最強である証明のためこのTO3〜Secret Battle Arena〜に出陣を決めた!
どんなタイトルでも常にトップを走り続けてきた彼のゲームセンスは研ぎ澄まされた繊細な刃物のようなキレがあり相手の嫌がる箇所を一瞬で見極める嗅覚の鋭さにあり対応力では右に出るものが居ないとまで言われる天才系のプレイヤーである。長年研ぎ澄まされた刃物で時には大胆に切り付ける彼のプレイスタイルは出場選手達にとっては間違いなく脅威となり未だその進化は留まることなくプレイヤーの前に立ちはだかるだろう!


ごしょ(gosyo)

エントリーNo.9
プレイヤー名:ごしょ

主なKOF14タイトル
日中韓春之陣 準優勝
日本の大御所とまで言われた”投げの神”の異名を持つ男ごしょがこの地獄のランキングバトル9番目に出陣を決めた!
追い込まれれば追い込まれるほど強くなる彼の真骨頂はその我慢強さにあり歴戦で培った独特な読み合いからくる不利状況での逆2択はプレイヤーだけでなく見るものを魅了するほどのプレッシャーを持っており窮地に追い込まれてからの奇跡の大逆転はプレイヤーの記憶に焼き付くほど衝撃的でまさに大御所というに相応しい。己の信念を貫き通しいざ戦場へ!推して参る!!


M'

エントリーNo.10
プレイヤー名:M'(三和電子所属)

主なKOF14タイトル
KOF XIV WORLD CHAMPIONSHIP 優勝
Top Of 3man cell KOF14~拳皇神杯 2017~ 優勝
KSB2017 KOF14 3on3 優勝 など
最後のエントリーとなったのはKOF界初のプロゲーマーとなった三和電子所属のM'。
決して器用ではない、決して知識などはない…しかし彼はこう語る。「俺こそがKOF界最強だ」と。
器用じゃないから誰よりも努力し、知識はないからどんな相手にも勝つまで勇敢に立ち向かうその結果が世界最高峰のプレイヤーへと成長させた。
M'はTOPに向かって走り続ける。己が最強である事の証明のために!
雪之丞へのご連絡
メールアドレスtopof3mancell@gmail.com 神奈川県相模原市近郊であればイベントも行きます!