本文へスキップ

KOFイベント、大会、攻略情報等 







ダウン時のルール

対戦中に攻撃を貰ってしまい、ダウンを奪われてしまった際の起き上がり時にシステムによる理解度が無いとやらなくてもよい行動や相手の意図を汲み取れずそのままやられてしまう場合もあります。ここではダウンを奪われてしまった後のルールをご説明いたします。


ダウンの種類
ダウンを奪われる際に最後に食らってしまった攻撃に対して自キャラが取れる行動が決まってきますのでそのルートを予め把握しておく必要があります。ルートと言っても数は多くないのでしっかりとまずは覚えましょう!




・通常ダウン(受身を取らなかった場合)、強制ダウン
ダウンした場合は起き上がりにルールがあり、起き上がってから10F間投げ無敵があります。
つまり相手が起き攻めで投げに来る場合は少し待つ必要があるので起き上がり後10Fの間は投げ抜けを入れる必要がありません。逆に起き上がった直後は起き上がった側も相手を通常投げで投げることが出来ませんので起き上がり時に不用意に通常投げに行ってしまうと相手の技重ねに負けて被弾してしまいます。

※起き上がり時に何か行動をとることをリバーサルと言います。ダウンしている間はダメージを貰わないので起き上がるまでは無敵が付与されているのですが、起き上がったと同時に無敵必殺技や前転後転、バックステップといった無敵が出始めから付いている行動を取る事によって技の重ねに対して対応することが出来ます。また、コマンド投げは通常投げとは異なりリバーサルコマンド投げである場合は相手の技重ねに勝つことが出来ます

※強制ダウンと受身を取らなかった場合のダウン時のルールは同じですが強制ダウンである場合、相手は受身の選択肢がないとわかっているので起き攻めはよりしやすくなります。

・受身を取った場合
受身を取るとルールが少し変わり5F間の投げ無敵が付与されません。しかし受身後であれば通常投げを成立させることができ、相手が技を重ねてきたとしても通常投げで返すことが出来ます。通常投げの間合いの外から重ねてきた場合は当然通常投げに対応した強攻撃が出てしまうため重ねに潰されてしまいます。

・空中復帰
ダウン属性のない通常技が空中で当たった場合は空中で起き上がり着地します。着地した瞬間は受身を取らないダウンと同じで5F間の無敵が付与されています。しかし受身を取る取らないの選択肢がないため、例えばジャンプ攻撃により空中で迎撃されてしまった場合は着地前に表で待つか走って裏に回るかの選択をされてしまうのでリバーサルで対応するか頑張ってガードするか苦しい展開となってしまいます。


上記のようにルールを知らないと起き上がることも困難となるので、ルールを知った上でガードとリバーサルを併用しなんとか相手の攻撃から脱出しましょう!食らわないことを心掛けるがもちろん前提なんですけどねw

LEVEL7 ガーキャンの使い方
LEVEL9 立ち回りにおける三すくみ


雪之丞へのご連絡
メールアドレスtopof3mancell@gmail.com 神奈川県相模原市近郊であればイベントも行きます!