本文へスキップ

KOFイベント、大会、攻略情報等 







MAXモード(発動)の使い方

LEVEL9まではKOFや格闘ゲームにおける基本を中心に説明してきましたが、初級攻略の最後の課題としてKOF14独自のシステム「ニューマックスモード」について説明いたします。
ニューマックスモードを通称「発動」という事が多いため、ここでもMAX状態になることを発動と言い換えることとします。

発動をうまく使う事によってダメージを大きく伸ばすことはもちろん相手の行動を抑止することにも繋がりますので、初めのうちは難しいかもしれませんがゲームに慣れるためにも積極的に使って使い方を覚えましょう!


●パワーゲージの増加について
発動を使うにもゲージが1本必要となります。技によって増加量が異なるという事もありますが最初から数値で難しく考えてしまうと頭の中がパンクしてしまうので基本的には以下の順番で考えてもらえばOKかと思います。

ダメージを貰った時攻撃をガードした時攻撃を当てた時必殺技を空振りした時
※飛び道具の必殺技を空振りした時はゲージ増加は0となります。

ゲージの増加はダメージを貰うリスクと反比例しておりダメージを貰うと逆転が出来るようにゲージが溜まるようになっています。しかし、先鋒はMAX3ゲージまで、中堅は4ゲージ、大将は5ゲージまでとゲージストックにはリミットがあり順番引継ぎの際には必ず1ゲージ増えるため使わないでいるとすぐにMAX状態となってしまいます。

たしかにMAX状態からのコンボが最大火力となるのですがゲージが満タンの状態で守ってしまうとゲージが溢れてしまい、攻撃側だけゲージは溜まるしダメージを受けてしまうリスクもあるしあまり良いことがありません。更にダメージを貰ってしまうと完全に負債しか生まれないためゲージはなるべくMAXにしないようにしながら戦わなくてはなりませんので発動だけでなくLEVEL7で述べたガーキャンの使い方も考慮して上手く管理しましょう!


●発動の使い方
一言に発動と言っても使い方は様々でパワーゲージ1本消費は変わりませんが要所で使い分ける必要があります。



●発動コンボ
ダメージが確実に奪える手段です。各キャラトレーニングモードで要練習!

発動コンボをやる際のポイント
・弱攻撃スタートであれば数発刻むことでヒット確認をする
・強攻撃スタートであれば大きな隙に反撃する時、もしくはジャンプ攻撃の時点でヒット確認する
・相手の残り体力に合わせてゲージの消費量を考える(ダメージ計算)
・超必殺技で〆る場合はゲージが最低もう1本(発動と合わせて2ゲージ)必要になる
・発動する通常技のヒット確認が必要となるため通常技単発でのヒット確認は難しい


●無責任発動
通常技をガードされた時に発生する不利フレームで攻守交替となるのが格闘ゲームの基本ですが、通常技の硬直を発動でキャンセルすることによって有利フレームを継続し暴れつぶしを狙う事が出来ます。攻守交替のルールを無視し、振った技に責任を持たないって意味で無責任なんですねw

無責任発動をやるポイント
・単発強攻撃に発動し当たってたらコンボ当たってなかったら連携へ
・弱攻撃刻みでヒットバックで離れたところを逃がさないように攻め継続
・暴れ潰しが成功しなくガードされてしまった場合でも余ったゲージでEX技による2次会がスタート
・2次会の連携内容を予め考えておく
・無責任発動によって相手は発動に対し身構えるため、発動しなくても相手の行動の抑止となる


●生発動
ニュートラル状態で発動した場合は専用の発動モーションと共にMAX状態となります。
この場合キャンセルで発動した時よりMAXゲージが長くEX技を沢山打てるためEX技自体の性能が高いキャラはこちらに回す作戦もあります。

生発動をやるポイント
・EX技に立ち回りで使いやすい技を持っているキャラを使っている場合
・MAXゲージは黙っていても減って行くため体力でリードしている時(相手が攻めざる負えないとき)
・発動モーションは一瞬隙だらけになるので発動する時は少し離れて行う
・MAX状態ではゲージが増えないのでダメージを貰わないように注意



初級最後の課題となる発動の使い方はKOF14の花形でもありここをうまく活かせるかがこのゲームの鍵となります。最初慣れないうちはゲージを枯らしてでも発動に回して使い方を覚え、慣れてきたらゲージ管理を考えてみるという使い方を試してください。発動を使いこなす事が中級者への道筋となるので何としてでもマスターしましょう!

・LEVEL 9
立ち回りにおける三すくみ
雪之丞へのご連絡
メールアドレスtopof3mancell@gmail.com 神奈川県相模原市近郊であればイベントも行きます!