本文へスキップ

KOFイベント、大会、攻略情報等 







必殺技を覚えよう

LEVEL1にて通常技の構成について記載致しましたが、今回は必殺技についての説明です。
必殺技と言えど構成は通常技と変わらなく発生、判定、硬直のルールは同じですが、通常技にはないルールもありますので一つ一つ確認していきましょう!


●必殺技の入力について
必殺技を出すには通常技のようにワンボタンで出すのではなく技ごとに異なるコマンドを入力してからボタンを押すことによって繰り出されます。各技についてはゲーム内にあるコマンドリストをご参照ください。

ここまでは知ってる方も多いと思うのですが、こっから本題。
コマンドを入力してから数フレーム間、必殺技のコマンドを受付している時間があり、これを入力受付時間と言います。

これ何が言いたいかというとこの入力受付時間を予め把握しておかないと、技の暴発に繋がります。
技の暴発はコマンドが入ってしまっているか、必殺技を出すのをやめて通常技を出したい時にまだ受付時間内であったがために暴発してしまうの2パターンとなり、次のミスに繋がらないようなんで暴発したのかしっかり理解しないといけない。

●無敵時間について
必殺技の特典としてよくあるのが無敵時間です。無敵時間とは相手の攻撃判定が侵入してきたとしてもダメージを食らわない時間の事を言い、基本的には攻撃の発生から判定出現後数フレームの間まで付与されていることが大半です。
主に鬼焼きやクロウバイツ等昇竜系と言われる技や超必殺技に付与されています。

無敵時間は技によって持続するフレームも発生する場所も異なり、無敵がある技の場合、予めどこに無敵がありどこまで続くのかなど調べる必要がある。

・上半身無敵…
主に腰あたりから上半身が無敵だが腰の下まで判定が侵入するとダメージをもらう。
・下半身無敵…
上半身無敵の逆パターン。足払いなどを透かす時に使う。
・打撃無敵…
打撃には無敵だが投げを食らう。昇竜系の必殺技に付与されている事が多く切り返しの手段や対空技として使う事が多い
・投げ無敵…
打撃無敵の逆パターン。下段無敵の付いた技は空中に浮いている事が多く投げ無敵も一緒に付与されている事が多い。また大門の大外刈り等の無敵投げにも投げ無敵が付与されている。
・飛び道具無敵
打撃や投げには負けるが飛び道具にのみ無敵がある。突進系の超必殺技に多くみられる特性で
代表的な技はリョウやロバートのMAX竜子乱舞。
・完全無敵…
無敵。何されても大丈夫。その代わり全体硬直が非常に長くガードされると危険な行動が多くなります。ご利用は計画的に!


必殺技は基本的に硬直が長いものが大きくすかったときの全体フレームが通常技に比べて長いパターンが多いので反撃には十分注意して使う必要がありますが、うまく使う事によって通常技に比べて試合を有利に運ぶことが出来る事が多いのでまずは一つ一つ特性を理解するように対戦で使ってみましょう!


LEVEL2 やられ判定を知ろう
LEVEL4 キャンセルについての基礎知識

雪之丞へのご連絡
メールアドレスtopof3mancell@gmail.com 神奈川県相模原市近郊であればイベントも行きます!