本文へスキップ

KOFイベント、大会、攻略情報等 






1.喰らったらまずガード!

最初の一発目はガードしているのに食らうと焦って次の攻撃が繋がっていなくても被弾が多めになってます。「格闘ゲームの基本はまずガードから」とKOFに限らず言われるように連続技でないのに食らってしまいさらにはダウンを奪われてしまうと状況は最悪な状態となってしまうのでまずは焦らず攻撃を食らってしまったらボタンを押さずにガードする癖をつけましょう!
あえてボタンを押して形成逆転を狙う前にここをまずは抑えるべきです!

2.一つ一つボタンを丁寧に押しましょう!

万年レバガチャプレイを卒業するべく始めたばかりなので1から教えていきます!まずレバガチャではなかなか格ゲーはうまくなれないので落ち着いてボタンを押すことから始めてみましょう!ABCDどれも一回押せばちゃんと出ますので丁寧にやることが最初の課題です!まずアントノフ先生のチュートリアルをレバガチャで終わらせるのではなく、丁寧にミスなく入力することを意識しながらやってみましょう!
それが終わったらミスらなくなるまで昇竜拳コマンドの千本ノックです!画面端から端まで往復してみましょう!出来るようになったら違うコマンドでもやってみましょう('ω')

3.ゲージをガーキャンに回しすぎ!

攻められるとまとわり付かれたくないあまりゲージが少ない時にもガーキャンにゲージを回してしまいがちになっています。勝負を決める発動コンボをゆくゆくは決めていかなければならないのでまずは頑張ってガードするように意識しましょう。
KOF14はガードでもゲージが溜まるので攻められているという認識ではなく攻めに転じる為にガードしているという思考が重要でうまくガードで攻めを凌いで居れば必ず切り返しのタイミングは訪れます。


4.ゲージがMAXになる前に発動しよう!

ガーキャンによるゲージ確保が慣れてきたら今度はゲージがパンクしがちになってしまいます。そこで攻撃を当てたらとりあえず発動しましょう!最初はコンボが出来なくても大丈夫、とにかく当てたら発動することを意識してやってみてください^^
発動するだけで相手に近づくことが出来て相手にとってはとてもプレッシャーになります!
ヒット確認せずに最初は当たってるつもりでコンボを狙いに行き、慣れてきたら発動する技が当たってるかどうかの判断をして当たってた時だけコンボを狙ういわゆるヒット確認にも挑戦して見ましょう!

5.ガーキャンを効率よく使う方法を覚えましょう!

かなり練習を詰みKOF14も慣れてきているように感じました!しかしまだまだ課題は山積みの中、現状手っ取り早く結果につながる方法はとにかく被弾を減らすことです。そしてさらに手っ取り早くガード力を上げる為にまずはガーキャンを効率よく使う方法を覚えましょう!

ガーキャン攻撃
画面端に相手を追いやる

自キャラのターンを継続させたい

ガーキャン前転
この状況で体力を奪われるわけにはいかない

自キャラ画面端で相手との位置が交錯しガーキャン前転をした時に相手を画面端に追いやれるとき

同じ1本使うガーキャンならば効率よく使った方がゲージ消費も抑えられ無駄うちもなくなるのでガーキャンする際の意図をしっかり押さえて使いましょう!

6.むやみに攻撃を振らず当てに行こう!

攻撃をヒットガード問わず当てる事を意識しましょう!
通常、必殺技ともにがむしゃらに技を振りがちです。空振りは相手の攻めを許してしまうリスクのある行動となるので基本攻撃を当てることを意識しながら戦ってみてください。

当然空振ってはいけないというわけではなく、空振りする距離での置き技という使い方なんてのもあり相手を捕まえる為に逃げ道に技を置いておく使い方もありますので一つ一つ技の使い方を覚えて行きましょう!

7.前転後転の手癖を減らそう!

距離をなるべく離したい気持ちがあるせいか攻めれる場面でも後転してしまいがちになっており接近戦になると焦ってしまいがちなので、一目散に距離を離すのではなく練習のためにも接近戦をなるべく仕掛けてみましょう!接近戦を仕掛ける際に重要なのは攻撃をヒットガード問わずまずは当てることを意識することからスタートしどうしたら相手に攻撃を当てることが出来るのか試行錯誤し対戦内容を自分なりに観察することがポイントです!



8.手癖を減らそう!

困ったときに最速ジャンプ攻撃(ジャンプ直後に攻撃)や前転をしてしまう癖を無くしましょう!特に最速ジャンプ攻撃はいわゆる相手のジャンプを対空で潰すという意味合いで使うものなので、言い換えれば鬼焼き等の昇竜系の技が目の前ですかってるようなものなので非常に危険です!どんな行動でも手癖は必ず相手のリターンに繋がるものとなってしまうので少しずつ減らしていきましょう!

9.バクステと後転をもっと使いましょう!

基本的に前へ前へ行くスタイルはリターンも高いのですがリスクも高くなってしまうので、自分の状況が劣勢である場合は一回バクステや後転をして相手との距離を離すことも重要です。特に相手が先に飛べる状況などで無理な体制からまた攻めにいってしまうとまず迎撃されますのでそういう時に一回ないしは二回バクステ、攻撃が当たりそうだったら後転を混ぜてみてください!

10.飛びが単調です!

とにかく触りたいオーラで中ジャンプを多用してしまいがちです。
基本的にジャンプは上を取ったほうが空対空に勝てるのでジャンプの種類を増やしていきたいところなんですが、それだけだと漠然として難しいのでまずは相手の頭の頂点をめがけて攻撃を当てることを意識してジャンプの種類とキャラのジャンプ起動を覚えましょう!
斜め45°から入り込むのではなくキャラの垂直方向をめがけて殴ってください!K’等のめくりを持たないキャラだと難易度があがりジャンプの下を潜られると危険なので注意が必要ですね!

上達LINEカルテ 2巻


contents

雪之丞へのご連絡
メールアドレスtopof3mancell@gmail.com 神奈川県相模原市近郊であればイベントも行きます!